エコロジー推進計画|ログハウスのビックボックス

ログハウス新築時に記念樹を贈呈します
年中無休:朝9時から夜9時まで営業中!
HOME >
記念樹贈呈:ログハウス新築完成時にお客様に記念樹を贈呈します。
ログハウス新築完成時にお客様に記念樹を贈呈 ログハウス新築完成時にお客様に記念樹を贈呈
ログハウス新築完成時にお客様に記念樹を贈呈 ログハウス新築完成時にお客様に記念樹を贈呈
栃木県宇都宮市,緑豊かな街づくり
栃木県宇都宮市,緑豊かな街づくり
ログハウス完成時記念樹贈呈,ゲッケイジュ
ログハウス完成時記念樹贈呈,ゲッケイジュ
ゲッケイジュ
ゲッケージュは雌雄異株の常緑高木です。葉は乾燥させて香料として料理に使われるので、樹木に関心のない方にもローリエやローレルの名前でよく知られています。日本では雌株は少なく、大半がさし木でふやされた雄株です。耐暑性があり、生育も旺盛で芽吹きもよいため、生け垣や刈り込みによる仕立て物をつくるのにも適しています。
アセビ
アセビ
アセビ
早春に穂になって咲く小さな白い花や、紅色の新芽、濃い緑色の葉が美しいアセビには、日本のアセビのほか、ヒマラヤ地域から中国雲南省などに分布するヒマラヤアセビなどが庭木や鉢物として栽培され、園芸品種も数多くあります。葉や茎には、有毒のアセトポキシンが含まれているため、馬が食べると毒にあたって酔ったようにふらふらとした足取りになることから、漢名で馬酔木(アセビ)と書かれるようになったとされます。
カルミア
カルミア
カルミア
カルミアはコンペイトウのような形をした、色濃い蕾を持っています。花が開くと皿形になり、色は濃く模様が入って、蕾の様子とは全く事なった印象を受けます。開いた花をよく見てみると、雄しべの先は花弁のくぼみの中に収まっています。この雄しべは、飛来した昆虫などによって刺激を受けると飛び出して、花粉も散るというおもしろい仕組みをもった花です。
ギンヨウアカシア(ミモザ)
ギンヨウアカシア(ミモザ)
ギンヨウアカシア(ミモザ)
ギンヨウアカシアは、春早くに株を覆うほどの黄色い花を咲かせ、よく目立ちます。名前のとおり葉色が銀灰色で鑑賞価値が高く、庭園樹として人気があります。幹は太くなっても柔らかく、枝葉が茂りすぎると重みや風を受けて枝が地面に接するほど大きく曲がることもあります。幹を添え木と支柱でしっかり支えておきましょう。大きく育つため、ある程度生長したら樹形維持のための剪定が必要となります。ミモザと混同されやすいのですが、ミモザとして流通しているアカシアは別種のフサアカシアのことです。フサアカシアより多少コンパクトな樹形もギンヨウアカシアの魅力です。

記念樹を植えてみよう
ログハウス完成時記念樹贈呈
苗木の植え付け方法
(1)苗木よりもひとまわり大きな穴を掘る
(2)苗木を根づかせるため、ポット苗の場合、苗木の周囲の土をひとまわり落とす
(3)掘り上げた土に腐葉土を加え、よく混ぜる
(4)3の一部と苗木を植え穴に入れ、地面と同じくらいの高さに調整する
(5)残りの土で植え穴を埋めた後、苗木の周りの土を少し高く盛って堤防をつくり、たっぷり水をやる
(6)水がひいたら堤防を元通りに踏み固めて支柱をたて、1週間後と、2週間後にたっぷり水をやる
苗木の管理方法
●水やり
苗木を庭に植えている場合、夏期に晴天が続き、乾燥がひどい場合を除き、水やりは不要
●肥料
(1)肥料は、休眠期と花をつけた後と生育が悪いときに与える
(2)植物は根の先端で肥料を吸収するため、苗木の葉の広がりに合わせてドーナツ状の浅い溝を掘り、肥料をまいて埋めもどす
(3)休眠期の肥料は、ゆっくりと効果が現れる有機質(油かす、骨紛、鶏ふん)、花をつけた後と生育が悪いときに与える肥料は、速効性のある化成肥料が良い
●病害虫の予防
(1)選定を適宜行うことで、日当たりや風通りを良くする
(2)病害虫に対する抵抗力が弱い、枝の徒長を防ぐため、窒素分の多い肥料(油かすなど)を控える
●剪定
ノコギリや手袋のほか、必要に応じて、剪定バサミ(太い枝を切る)や木バサミ(細い枝を切る)、刈り込みバサミ(生垣などを刈りそろえる)の道具を使って、葉が落ちた後や新芽が動き出す前に、適宜選定を行う
(1)日当たりや風通しをよくするために不要な枝をつけ根で切り取る(間引き剪定)
(2)樹形を乱す枝先を短く切り詰める(切り戻し剪定)
苗木の植え付け方法
(1)苗木よりもひとまわり大きな穴を掘る
(2)苗木を根づかせるため、ポット苗の場合、苗木の周囲の土をひとまわり落とす
(3)掘り上げた土に腐葉土を加え、よく混ぜる
(4)3の一部と苗木を植え穴に入れ、地面と同じくらいの高さに調整する
(5)残りの土で植え穴を埋めた後、苗木の周りの土を少し高く盛って堤防をつくり、たっぷり水をやる
(6)水がひいたら堤防を元通りに踏み固めて支柱をたて、1週間後と、2週間後にたっぷり水をやる
苗木の管理方法
●水やり
苗木を庭に植えている場合、夏期に晴天が続き、乾燥がひどい場合を除き、水やりは不要
●肥料
(1)肥料は、休眠期と花をつけた後と生育が悪いときに与える
(2)植物は根の先端で肥料を吸収するため、苗木の葉の広がりに合わせてドーナツ状の浅い溝を掘り、肥料をまいて埋めもどす
(3)休眠期の肥料は、ゆっくりと効果が現れる有機質(油かす、骨紛、鶏ふん)、花をつけた後と生育が悪いときに与える肥料は、速効性のある化成肥料が良い
●病害虫の予防
(1)選定を適宜行うことで、日当たりや風通りを良くする
(2)病害虫に対する抵抗力が弱い、枝の徒長を防ぐため、窒素分の多い肥料(油かすなど)を控える
●剪定
ノコギリや手袋のほか、必要に応じて、剪定バサミ(太い枝を切る)や木バサミ(細い枝を切る)、刈り込みバサミ(生垣などを刈りそろえる)の道具を使って、葉が落ちた後や新芽が動き出す前に、適宜選定を行う
(1)日当たりや風通しをよくするために不要な枝をつけ根で切り取る(間引き剪定)
(2)樹形を乱す枝先を短く切り詰める(切り戻し剪定)
ログハウス完成時記念樹贈呈
ログハウス完成時記念樹贈呈
ビックボックス情報配信中
facebook twitter instagram youtube mailmagagine
PRODUCT モデル案内
UPDATE おすすめ
MENU メニュー
BLOG ブログ
facebook twitter instagram youtube mailmagagine
pagetop pagetop pagetop pagetop pagetop
pagetop