山の癒やし - ログハウスのビックボックスは全国どこでも施工いたします。

>
>

山の癒やし

ちゅらるの営業日記【2017年10月17日】


20171017_1

 

すっかり秋です、秋刀魚も美味しく、朝晩も冷え込むこと申し分なく秋です。
みなさんお元気ですか? 拙者ちゅらる元気でございます。
毎日がむしゃらに全国からの問い合わせや営業サービスに努めての仕事に打ち込んで、休日の前日はいつも天気予報とにらめっこで、拙者の趣味、試練の為、山を登ります。
やはり天気の良い日に登りたいもので栃木の山は天候が悪いなぁーと思えば、お隣り群馬や福島の山の天気も当然調べるのであります。

 

20171017_2

 

今回の狙いは、ずっと訪れてみたかった会津駒ケ岳。この山調べれば知るほど名山で、なかなか天候に恵まれず諦めてばかりでしたが今回はどんぴしゃのタイミングで天気も良さそう!さっそうと自宅を後にしました。
駐車場について、いつも「ゆっくりと準備を」思うですが、あわてて準備を整え登山口へ向かうと長ーーーい階段が待ち構えてました。登り口ここが辛いのであります。営業と似ています。

2,3時間これといった景色もなく黙々と登り続けます。・・登山道が木道へと変わります。
もう少しで写真でしか見たことない景色が待っている!どきどき!
この会津駒ケ岳はあの尾瀬の北方にある標高2133メートルの山で「日本百名山」にも選ばれた名峰です。山頂付近では360°見渡せる景色と稜線には広大な湿原が広がっている
・・・はず!

 

20171017_3  20171017_4

 

途中の笑顔の様な池をすぎると宿泊も出来る駒の小屋が見えてきました。
山頂の前に小屋で小休止とも思いましたが山の天気は気まぐれ。小屋での休憩は帰りにと、そのまま山頂へ向います。
そこから約15分ほどで山頂へ到着!ここで終わりではありません。
友人から会津駒ケ岳に行った際には、更に奥の中門岳への稜線を楽しむ様に言われていた!

よし!進もう!なんか営業に似ています。

 

20171017_5

山頂から中門岳へ向かう稜線はそれはそれは大感動で往復2時間ほどの稜線歩きは、あっという間の瞬間に感じるほどでした。山頂に湿原や池がある風景ってホントに絶景!
下山後は温泉に入って疲れと汗を流しますのであります。

この時間ってホントに幸せーーーーであります。子供の頃、母と父と歩いた岩手の山を思い出します。

 

20171017_6  20171017_7

 

温泉の受付のおじさんに面白い所あります?と聞くとこの檜枝岐村ではサンショウウオが特産物???だとの事。
ここから5分もかからないからミニ尾瀬公園に行ってご覧!の一言。
到着すると本当にサンショウウオが燻製にされて沢山売っているではありませんか(汗汗これ食うの)
そこで一緒に行った山友と、このミニ尾瀬公園でオススメ?のサンショウウオジェラートを注文し食べてみました。
しかし一緒に行った山友は普通のジェラートを注文して、しっかり拙者のジェラートを味見されました。(しっかりしているな~!)

 

20171017_8  20171017_9

 

見た目は普通のバニラのジェラートだと思ってましたがこのバニラの中にサンショウウオの燻製を粉末にしたものがはいってるんです。
さらに驚愕はトッピングとしてサンショウウオの姿の燻製がまるまるそのまま突き刺さってるその姿はありえないインパクト!でした。
意外や意外スモーク味とバニラの味が相まって美味しくいただけました。

檜枝岐村は「山人(やもーど)料理」という独特の食文化があるそうで、山菜やキノコだけではなく山や川の生き物も大切な食材としておりクマ、ウサギ、シカといった野生動物とともに、サンショウウオも貴重な珍味食材として食べられているそうです。
サンショウウオで鋭気を養った拙者はもちろんのこと、只今bb営業スタッフ全員元気いっぱい!!
今回も大変お得な秋のキャンペーン情報が御座いますよー!
UNIやMINIのセルフビルドもいいです。

直ぐにカタログをお送り致しますのでお電話、メールお待ちしておりまーーす。

20171001_uni_banner  20171001_mini_banner

ちゅらるの営業日記【2017年10月17日】




関連記事


謹賀新年
畳敷きの和室ログの癒し
今年も沢山のログハウス作品
謹賀新年
新年明けましておめでとうございます
東急ハンズ渋谷店にログが

最新記事


BB 3つの名物ブログ


月別