田舎暮らしの輝き - ログハウスのビックボックスは全国どこでも施工いたします。

>
>

田舎暮らしの輝き

ちゅらるの営業日記【2017年08月09日】


20170809_1

 

酷暑の中、安倍首相の内閣改造もおわり内閣支持率が8.6ポイントもアップ、いろいろ見解があると思われますが安倍さんも懸命にやっておられます。交代と変革ばかりがいいわけではありません。
どうか国民が安心する政治をお願いしたいものです。

交通や買い物に便利な都市圏からの移住。最近ではテレビ番組でも毎日のように取り上げられております。 ゆっくりと時間の流れる、のんびりした田舎暮らしは日本人のDNAに眠る願望かもしれません。
弊社の会社代表が時たま、「空気も水も太陽もみんなタダ。」こんなにかけがえのない物がみんなタダ。 意味が深くていろいろその時々の言わんとする秘めた心情で訓話の内容は変わってきます。 只そう言った重要な物が田舎には安全にたくさん備わっていて、安心がいっぱいのような気がします。

拙者、先日自宅で深夜テレビを見ていましたら、ワンちゃんを飼っている東京都内に住まわれている定年間際のご夫妻が、田舎暮らしについての番組に出ておられ「この子たちの為に」と言われていたので、お孫さんの為かなと思っておりましたら、飼っているペットの「ワンちゃんの為に」と言うことで、東京都内から田舎に移住を決断されたと言う事、ワンちゃんの為にそこまでするのかと驚きました。
ワンちゃんのために庭をドッグランのフィールドにアレンジし、お庭に小山つくり、ワンちゃんは、大喜びで、ご夫妻手作りのガーデン内を走り回って、ご夫妻で、和やかに過ごされているご様子は、ほのぼのとして、心温まるものでした。

20170809_4

 

テレビを見ていて東京都内の拙者担当のログハウスのお客様を思い出しました。
そのお宅にはログハウスの営業で何度も都内と長野ともご自宅に寄せさせて頂きましたが、お客様は犬と猫を飼っておられ大変な可愛がりように感動でした、それまでの拙者のペットに対しての見かたが優しく変わったのでありました。
ペットの運命も飼い主次第の心持ちでどうにでもなってしまいます。気付かされました、ありがとうございます。
そのお客様も田舎暮らし実現に向けて計画をご夫妻でなされ、長野県東御市に移住されました。
良いところです、少し高台に位置する風光明媚にログハウスを建てられ、ログハウスの窓とベランダごしの夕刻時の山並みのシルエットと街の明かりが見える眺望は、キレイ!時間よ止まれ!と言いたいほどでありました。
ワンちゃんものびのびと田舎の澄んだ空気を快く感じているのかなと実感でした。
奥様も、ズッキーニなど野菜を沢山育て笑顔で収穫しておりまして、ご家族の皆様、田舎暮らしに満足そうで、拙者も、妻とは将来は田舎暮らしをと夢見てディスカッション!やっぱり田舎暮らしのログハウスだ、キッチンにはピザ釜を付けたい、とか想像しています。

20170809_1_1  20170809_1_2  20170809_1_3  20170809_1_4

 

田舎暮らしは土地も安いし良いことずくめですね。
例えば埼玉県、同じ県内の都心近くでは、土地50坪坪単価60万で土地だけで3000万となり、上物建築に延床40坪で建築費を坪50万の安普請でも2000万、土地と建物で計5000万円となります。
でも、郊外の田舎暮らし、土地がなんと150坪で坪単価6万で土地だけでは900万、土地が広いから家庭菜園の畑やバーベキューコーナーなど自ずと夢はたくさんですよね。駐車場も3台とか。上物建築に延床40坪で建築費に3000万円も贅沢にかけて。土地と合計で3900万円。

土地は売る時が来なければどうにもなりません。都心の馬鹿高い土地であっても売却するまで恩恵にあずかれないのであります。田舎は格安の安い土地である為、比べると1100万円も3000万円も家に予算をかけられるのであります。家は生活をダイレクトに楽しめる装置ですので、行き届いた奥様大喜びの立派な家になるに決まってます。
空気の良い広大な土地で、その分家をご立派に贅沢にお建てになった方がお得間違いなし!と、結局そういったことがテレビで紹介されていました。
拙者大同感の大賛成ですね。

20170809_2

 

首都圏の方々が週末は、混雑する都内をぬけだし、地方での野菜づくりを楽しみ、英気を養う宿泊施設など「クラインガルテン」などと呼ばれておりますが、弊社bbも数多くの施工実績があり、茨城県笠間市や群馬県、島根県多岐町など弊社実績の一例です。
また田舎暮らし希望の方には、必見と思いますが、弊社もJR東日本様と提携させて頂き、森に隣接し、那須連山を一望できる温泉のある「びゅうフォレスト喜連川」に、建売販売のログハウスをご案内しております。
http://www.fin-bigbox.com/?cat=259

20170809_5_2  20170809_5_3  20170809_5_4

 

ご見学希望の方は、お気軽にビックボックスまで、ご連絡下さい。
そして「田舎暮らし」に興味を抱いているお客様、ビックボックスがお客様の興味を実現できるようにサポート致しますのでお聞かせください。

ちゅらるの営業日記【2017年08月09日】




関連記事


田舎暮らしログハウス
木と火の暮らし
新年明けましておめでとうございます
馬頭農村塾
太古から人は木と共に暮す
第4弾JR東日本コラボ企画が始動

最新記事


BB 3つの名物ブログ


月別